ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

二日酔いの再生医療について。

年末年始の時期になると忘年会や新年会などお酒を飲む機会が続きます。
そうなるとお酒が苦手で二日酔いのなる人にとっては地獄のような時期になって悩まされる事になります。
そもそも何故飲み過ぎると二日酔いなどの辛い症状が起こるのかというと体内でアルコールが取り込まれると、そのアルコールは肝臓で分解されるのですが、分解段階でアセトアルデヒドも生成されます。
アセトアルデヒドは毒性が強くて有害ですが、肝臓の機能が正常に働けば体内で無害の酢酸になります。
だけど生まれつき肝臓の分解機能が弱かったり、肉体疲労や老化によって肝臓機能がよわまったりした場合にはこの機能が上手く働かなくなり体内にアセトアルデヒドが停滞してしまい辛い吐き気などの症状を引き起こします。
だからこういったお酒の飲み過ぎによる胃のむかつきや吐き気などの症状が起こらないようにするためには、肝臓のアセトアルデヒドの分解作用が正常に作用する事が重要で、肝臓の分解機能さへ正常なら二日酔いの症状の予防や改善が見込めます。
そんな時におすすめな対処法として注目されているのが点滴などで肝機能を改善させる再生医療治療です。
再生医療治療を行っているクリニックはネット検索すればすぐにヒットするぐらい増えていて、点滴治療などで辛い二日酔いの症状が改善します。
その点滴治療の仕組みは、点滴を受ける事で肝臓の解毒作用や肝機能改善作用があり、体内の代謝機能に関わる酵素が活発に生成されるようになり、その酵素によってアルコール代謝促進効果と新陳代謝促進効果の両方が活性化されます。
それによってお酒を飲んだ翌日の胃腸の調子を調えたり、吐き気や疲労感や倦怠感などあらゆる不快な症状が改善します。
また、よくお酒を飲むと翌日が辛い人が、この再生医療による点滴治療を飲酒する前にクリニックに行って受ければ、飲酒後のアルコールの分解が促進されて翌日の症状を軽減する事も可能になります。
施術を受けるクリニックによって点滴する時に使われる成分には違いがありますが、肝機能を促進するためのグリチルリチンやグルタチオンなどが主成分として使われてます。
施術は直接血管に点滴で行いクリニックに事前に予約して置けば、30分程度で治療を受ける事が可能です。
私もお酒に弱くて翌日の頭痛や吐き気に悩まされていて、ドリンク系の酒酔い対策品やサプリメントを使っていたんですが効果がありませんでした。
そこでこの再生医療による点滴治療を知って受けたら、予約さへしておけば宴会前の30分程度で簡単に直ぐに宴会に参加できました。
さらに今まで予防ドリンクやサプリメントではほとんど効果が実感できなかったのに、この治療を受ける事で翌日のお酒のよる酷い症状が全く気にならなくなり、あれだけ嫌だった宴会の飲酒を楽しめるようになりました。
こういった先進的な再生医療で気になるのは料金ですが、もちろん治療には保険が適用されないので多少の高額になり、1回の点滴治療を受けるためには約1万円前後の費用が掛かります。
だけどクリニックによっては1回限りの治療では1万円前後の治療費が掛かりますが、頻繁に宴会が続く時期に有難い10回コースを利用すれば、10回で4割引の6万円前後で施術できるクリニックもあります。
また宴会が無いにせよ営業まわりのサラリーマンの場合には、急に取引先に誘われて飲まなければならない場合があるので、日ごろから肝臓の機能を高めて備えるために定期的に点滴を受けるコースなどもあるクリニックも存在します。
あとこういった治療はいつでもどこでも直ぐに受けたい人が多いと思いますが、そういった利用者の事を考えて飲み屋街や宴会が良く行われる地域の駅前にクリニックが多数あり便利です。

二日酔い , 再生医療 , 肝臓