ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

再生医療で健康な体を取り戻そう

健康な体を維持することは多くの人の望みですが、時には病気になってしまうこともあり、元気な体に戻すためには治療をしっかりと行う必要があります。
医学も日々進化しており、かつては改善が難しいとされていた症例にも対応できるようになりました。
特に再生医療は注目を浴びており、多くの医療機関でも取り入れられています。名前は聞いたことがあるけれど、具体的にはどのような治療なのかわからないという人もあるのではないでしょうか。
まず、この医療は失われた体の一部や機能を回復させるために行われるものとなっています。特にips細胞は日本の再生医療に大きな影響を与え、その知名度も高いものとなっています。
具体的にはどのような治療が行われているのかも知っておきたいですが、まず患者の体外で幹細胞などを人工的に培養します。培養したものを患者の体内に移植し損傷した臓器や組織の自己再生能力を活性化させていきます。
こうした治療は健康な体を作ることはもちろん、美容目的でも利用されることがあります。年齢とともに老化は進んでいき、外見も衰えていきますが、再生医療を利用すれば老化した組織の修復や再生を行うことができますので、シミやシワなども目立ちにくくなり、肌の艶や弾力がアップすることも期待できます。
この他では、豊胸にも利用されることがあります。豊胸というとバストにシリコンなどの異物を挿入してボリュームアップする治療もよく知られていますが、体に異物を入れることに抵抗を感じる人は少なくありません。
幹細胞豊胸術と呼ばれる治療であればお腹や太ももなどの部分から脂肪を吸引し幹細胞を抽出します。摘出した幹細胞は活性度を高めてから脂肪と混ぜて注入します。
シリコンなどを挿入する必要がありませんので、見た目も自然で感触も柔らかく本物のバストと同じような仕上がりになるのがメリットです。
脂肪注入による豊胸は以前からもありましたが、脂肪が吸収されやすい、しこりができやすいなどの欠点もありました。
その点、幹細胞を混ぜるとしこりや壊死を防ぐことができますし、長期的にバストアップ効果が維持できるとされています。従来の脂肪注入方法よりも脂肪生着率が高いので、大幅なバストアップも期待できます。
この他では再生医療は歯科の分野でも利用されています。最近は入れ歯ではなく、本物の歯に近い仕上がりを得ることができるインプラントの人気も高まっていますが、人工歯根を埋め込むためには骨量がしっかりとあるということも大事です。
骨の量が不足していると埋め込みが難しいこともあり、以前は治療をあきらめる人も少なくありませんでした。
現在では、骨の量を増やす治療も充実しており、かつてはインプラントが難しかった人にも対応できるようになりました。
この他では、スポーツ外来などでも注目が高まっています。スポーツを行うとアキレス腱や靭帯など様々な部位が損傷してしまうこともありますが、通常の治療では回復に時間も必要です。PRP多血小板血漿療法では患者本人の血液を利用します。血小板の成長因子が組織修復能力を高めステロイドを必要としない新しい治療方法として注目されています。
本人の血液を使いますので、アレルギーや感染の心配がないのもメリットです。
そして、生活習慣病では糖尿病に悩む人は多いですが、中でもⅠ型糖尿の人はインスリン製剤は欠かせないものとなっています。
現在ではⅠ型糖尿病の治療にも再生医療が対応できるよう、研究が進められており実用化も待たれています。そして糖尿病では皮膚の壊疽も心配されますが、糖尿病性潰瘍に効果的な新たな人工皮膚の承認も行われました。皮膚再生以外の再生医療にも応用可能と注目が高まっています。

Uncategorized , アンチエイジング , 健康 , 再生医療 , 糖尿病 , 豊胸