ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

再生医療などで用いられるPRP療法について

PRPはPlatelet-Rich Plasmaの略で、多血小板血漿といわれます。PRP療法は血液から血小板を濃縮し、血小板に存在する高活性度の高い成長因子を多く含んでいます。血小板は血液全体出はわずかなものだといわれ、1%以下とされていますが、この成分は血液を凝固させる働きがあり、血管が傷ついた際に血を固めてくれるのです。それは、血小板から多量の成長因子が出され、この成長因子が組織修復の役割を果たすのです。こうした血小板の成長因子の作用を活用するという治療方法がPRP治療になります。PRPは傷ついた組織の修復作用があるため、再生医療に用いられているということなのです。ただし、この方法ではPRP治療の後には、どのような組織の治療効果を期待するのかという点で後療法といわれるPRP治療後に行う運動などが変わるのです。
この治療法では火傷や肉離れ、骨折や靭帯損傷、腱鞘炎や慢性アキレス腱炎などの傷の治癒の促進が期待されます。さらに、シワ取りやたるみ改善、キメ改善といったアンチエイジングなどでも用いることが可能です。ニキビ跡や皮膚外傷、皮膚壊死といった疾患や膝関節疾患などにも用いることができるのです。この療法が推奨される症例として挙げられているのがひざの変形による痛みなどです。変形性関節症は変形が進行していくにつれて、軟骨がすり減ったり半月板が傷むといった症状や、炎症によってひざに水がたまってしまうことがあります。PRP療法は、こうした組織修復を促し、関節炎を抑えたりする働きがあるのです。従来の変形性関節症への薬物療法には、痛み止めやヒアルロン酸の注射などが用いられていました。こうした治療があまり効かないという場合でも、PRPを関節に注射することで痛みが軽減したという人がいることが分かっ他のです。PRPは自身の血液から作られている成分であるため、薬物のような副作用はほとんどないというメリットなどもあり、副作用なく良好な状態になっているという例などもあるのです。
PRP治療のメリットとして、自身の組織に由来するものなのでアレルギー反応が起こりにくいという点や、日帰りで処置してもらうことができるといった点、治療後は普段通りの生活ができるという点などがあります。その他にも、治療の痕が残りにくいということや急性期や慢性期といったどのタイミングでも受けることが可能で、関節や筋、腱や骨など、ほとんどの運動器に治療でき、何度でも治療が受けられるといったメリットがあります。
それに対して、この療法のデメリットは、変形性の関節症の根治を目指す治療ではないという点やしこりが残ることがあるといった点、適切な物理負荷がなければ、治療部位が硬くなって長期的に痛無原因になる場合があるといった点などが挙げられます。さらに、保険が効かない治療となるため、治療費は自己負担になるという点などが挙げられます。
この治療法は日帰りで終わり、血液も治療に適した量だけ採血するだけですみます。
しかし、治療後痛みが強く感じられるからといって安静し過ぎてしまうと、治療部位が硬くなって長期的な痛みの原因になる可能性があるといわれていますので、治療後はできるだけストレッチといった部位を動かすためのトレーニングなどが必要だといわれています。
このように、この療法は骨折や靭帯損傷などの傷の治癒効果が期待されている療法で、自身の血液成分から得られる物質が用いられるためアレルギーのリスクが少ないといったメリットや薬物のような副作用がほとんどないといった利点があるのです。ただ、保険外の治療になるため全額自己負担といったデメリットなどもある治療法です。

PRP療法 , アレルギー , トレーニング , 再生医療 , 変形性関節症 , 日帰り