ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

再生医療の現状はどこまで進んでいるのか

再生医療とは

医療技術は常に進化していて、以前であれば不治の病気と考えられたものも完治したり、延命治療によって長く生存することが可能になっています。これは病気の原因を探求する医療現場スタッフの努力と機器の進歩が大きく関係していて、平均寿命を長くすることに寄与していると言えるでしょう。しかし、いくら医療技術が進んでも完全には治療できない病気が今でも多く存在していて、内臓器官が重篤な疾患に陥った場合には他の人から移植するしか適切な方法が無いというのが現状です。この移植は人間の持っている免疫力の働きによって適合率が低いと異物と判断されて攻撃されてしまい、悪影響を生じるのでとても危険な治療法であるのは間違いありません。そこで考えられたのが再生医療であり、これは本人が持っている細胞を培養して特定の臓器を作り出す技術であり、本人の細胞を使っているために拒絶反応を起こさないというメリットがあります。

 

細胞を、一旦動物の体内に移植する理由

人間は胎児の段階では全ての臓器になる可能性がある細胞が存在していて、この細胞が内臓などの人間にとって必要な臓器に変化するという流れになります。このあらゆる臓器になる可能性のある細胞は成長しても残っていて、その細胞を使って欲しい臓器になるように培養することで、悪くなってもドナーを探すことなく移植が可能になるでしょう。特定の臓器に変化する技術についてはその基礎が確立されていて、現在は動物実験の段階ですが一定の成果を得ています。
再生医療で難しいのは細胞を特定の臓器になるように培養できたとしても、そこから実際に使えるようになるまで成長させることです。これは人間の成長と同じで栄養などの必要な成分を投与して実際に使う人の体格に合わせる必要がありますが、成長するためには安定して生育を促す成分を補給していかなければいけません。機械を使って対応できればいいのですが、この成長させる過程だけは機械や人間の技術を使ってもまだ対応できなくなっています。そこで関係者が考えているのが動物の体内に臓器の元になる細胞を移植して、動物の生育と連動して成長させるという方法です。

 

人間に近い動物は霊長類でなくて、実は……

人間に近い動物と言うと霊長類を想像しますが、実際に体内構造や組成的に近いのはという結果があります。豚は食用で多くの頭数が飼育されていて、人間と古くから関係性があるので生態や飼育方法が熟知されています。ここまでよく知られていながら管理がしやすい動物は豚以外には該当しておらず、現在豚の体内に再生医療で使う細胞を移植して成長させる実験が続いています。豚の内臓は人間にとても近くなっていて、成長に関しては理論的には高い確率で成功すると考えられていますが、問題は動物が元から持っている寄生虫や細菌が培養する臓器に対してどのような影響を与えるかということです。豚肉に関しては熱を加えて食することが原則になっていますが、これは生肉では多くの細菌が繁殖していて人間に悪影響を生じてしまうからです。

 

問題点の解決方法

再生医療ではこの問題に関しては、豚が胎児の段階で衛生環境の整った施設で飼育することで、微生物の繁殖を極限まで抑え込むようにしています。この方法では確かに今までのような養豚場で育てるよりも細菌の発生は抑制できますが、それでも今までに豚の体内で培養した臓器を実際に人間に移植したという事例が無いため、どのような結果を招くのか未知数ということで現状では臨床試験までは至っていません。本来であれば動物に頼らずに人間だけで完結すればいいのですが、まだそこまでのレベルに至っていないというのが事実です。いずれはこの問題が解決して機械によって細胞を成長させる技術が確立する日が到来するでしょうが、それが現状ではできないのであれば、動物に頼るのも仕方がないと言えるでしょう

再生医療 , 現在