ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

再生医療の10年後を考える

2012年に山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を取ったことを皮切りに、小保方晴子さんのSTAP細胞問題など「再生医療」という言葉が大挙してマスコミに押し寄せたのは記憶に新しい。

これらの一連の騒動から「再生医療」という言葉は世に浸透し始めたと言っても過言ではないだろう。

一般的に「再生医療」と言われると思い浮かべるのはiPS細胞や、ES細胞などの多能性幹細胞、いわゆる何にでも変化しうる細胞であろうかと思うが、もっと身近なところではすでに臨床段階な位置に存在している。

重度の火傷の治療に用いるため自身の皮膚から培養、増殖させた皮膚は医療機器や医薬品として認可され、実際に販売されている。培養心筋、培養骨膜など、自身の特定細胞を採取し増殖させて、また自身の部位に有効的に戻すというような研究は至る所で盛んに行われ、実際に患者さんに投与されて臨床研究や治験として結果を分析、追跡されているのだ。

実際に厚生労働省からは再生医療の研究が安全的に行われる為の指針や通知がいくつも発令されており、それほどまでに今の日本では、いや、世界では治療の選択肢の1つとしてすぐそこに存在している。

ではノーベル賞を取ったiPS細胞は何がすごいのか。それは何にでもなり得ることができる細胞だからである。
加齢性黄斑変性症のように自身の細胞が変性してしまい、それを採取して増殖させても治療効果を持たないような疾患において、他のところから採取した細胞が黄斑として培養されて機能することが出来れば、今までの医療の不可能の多くが一気に可能に転じることとなる。将来的には太古の昔、錬金術から始まり人々が一心に願い求め続けた不老不死とて夢物語ではなくなるかもしれないのである。
その可能性を秘めているからこそ多能性幹細胞はこれほどまでに盛り上がりを見せているのだ。

では10年後、再生医療はどうなっているだろうか。
近い将来においては今現在に臨床研究や治験が行われている培養細胞において、いくつかのものに承認がおり、いくつかの疾患において保険が適用される治療法として確立されるだろう。
自身の細胞から心筋を再生させ、心筋梗塞で壊死してしまった部位の可動を可能にしたり、血管を再生させたりといったことが大学病院レベルでは通常診療の範囲で選択可能になるのではないかと思う。
したがって、今よりも少なからず治療の選択肢が増えることとなるであろう。
そして、再生医療が研究投資から、実際に稼ぎ頭として製薬会社の中での位置を争うようになるのではないかと思われる。

一方、多様性幹細胞を用いた治療法の承認に関しては、10年経っても大きな変貌を遂げないのではないかと考える。
いや、研究は間違いなく飛躍的に進むはずである。そして、未来への期待もより一層大きくなると思われる。
しかし、多能性幹細胞は何にでもなり得るからこそ、癌化、突然変異、想定外の変化を慎重に研究、吟味、観察していく必要があり、10年後はまだトピックスが大きくマスコミに取り上げられる程度に珍しい事態という域を出ないのではないかと思うのだ。

確実にヒトや動物への投与は増えるであろう。そうなることで治療とはまた別の側面として倫理的問題が格段に増え、さらなるルールの徹底や倫理的な議論が紛糾し、研究への足枷となるような動きを見せるのではないかということを懸念せざるを得ない。
確実に一歩一歩階段を上りつつも、時に転落して後退し、再度駆け上がりといった様相を辿るのではないか。

それほどまでに多能性幹細胞の臨床化には多くの夢が詰まっている。
多能性幹細胞の研究が、今後の未来にもたらすであろう展開に大いに期待したいところである。

es細胞 , ips細胞 , stap細胞 , 不老不死 , 健康保険 , 再生医療