ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

注目されている再生医療と遺伝子治療の違い

再生医療は生まれ付き、あるいは病気や事故などで体の機能が低下したり、損傷した内臓を修復する技術のことをいいます。
加齢による体の機能低下も対象で、欠損も治療対象として医療に組み込まれているのが特徴です。
再生医療を理解するポイントは、細胞や組織を患者の体外で培養を行い、それを使って元の機能の修復や補完をするものだといえます。
この技術に遺伝子操作が絶対に必要とは限りませんし、他の方法で培養が行われることが多いので、これだけで遺伝子治療と呼ぶことはないです。
一方の遺伝子治療は、遺伝子の異常による機能不全が前提にあって、細胞の欠陥を修正や修復をするのが主な違いです。
修正や修復といったやり方はいくつかありますが、主なやり方にはウイルスを使って細胞内に侵入させる方法が挙げられます。
異常な遺伝子によって作られた細胞だけを狙い、侵入させ目的の作用を行いますから、安全性が高く理想的だといえるでしょう。
しかし、今のところは成功例が少なく、主流の治療方法になるかどうかは未知数といったところです。
現在はDNA導入法が期待されており、今後の発展に期待が掛かっている状況です。
再生医療はルーツに移植医療があって、移植医療自体は様々な分野において多くの治療実績があります。
また、体の内側よりも外側から修復や補完などのアプローチを行うのが、最も大きな違いだと考えられます。
一方の遺伝子治療は、正常な遺伝子と異常なものの違いに着目したもので、修復や修正をすることで体の機能が取り戻せる、という考え方が根底にあります。
レトロウイルスを使ったやり方では、遺伝子情報を治療目的で組み込み、対象の異常な細胞内に送り込んで作用させる方法が用いられます。
遺伝子治療の歴史は1990年には既に始まっていて、臨床試験自体はこれまでに何度も行われています。
ただ、死亡事故が起こったり白血病を発症する患者が表れたことから、従来のやり方には問題があると思われます。
その認識は医学界の中でも広まり、やがてレトロウイルスを用いた治療の研究はES細胞やiPS細胞へと置き換えられました。
遺伝子治療が再び注目を集め始めたのは、ゲノム編集という遺伝子改変技術の誕生によるもので、2010年頃から急速に発展しています。
2015年には、中国で世界で初めてのヒト受精卵遺伝子操作が行われ、医学界だけでなく一般人も巻き込んだ社会的な論争となりました。
ES細胞やiPS細胞を使った再生医療の研究は急進的で、次々に応用の可能性が広がっていますから、技術的には遺伝子治療を内包しつつ移植医療に変わるものとなります。
これらの新しい技術はこれまでの医療技術を幅広く吸収するもので、いわば複数の技術が融合した新たな発展形だと形容できます。
ルーツや根本的な治療領域に違いがあるのは確かですが、似通った部分や共通点も存在しますから、異なる発展を遂げた技術が融合しても不思議ではないでしょう。
今はまだ多くが研究段階に過ぎませんが、いずれは治療の主流になる確率が高いので、違いは少しずつ小さくなって新たな技術になると想像できます。
経済分野でも新しい技術はビジネスチャンスと捉えられており、投資が活発化して資金が次々に投入されています。
今や医学界で花形の研究分野ですから、国家レベルでも力を入れて競争が行われている状態です。
どちらが優れているか、それを明確にすることは難しいですが、将来の可能性の点では前者と後者共に共通するポイントです。
ES細胞やiPS細胞には、技術の壁を乗り越えさせ医学の差を吸収する懐の深さがありますから、期待値が高かったり可能性を信じて研究が進められているのも納得です。
再生医療の普及は最も現実に近く、そして多くの人達を救う希望を感じさせるので、病気などに悩んでいる人だけでなく、今を生きる全ての人にチャンスを与えてくれます。

再生医療 , 遺伝子治療